NEW!【歯周病は万病のもと。歯周病菌は血管から体を駆け巡り、全身をむしばみます。】

★下の「糖尿病」などの下線のある病名をクリックすると、その病名に関する記事の一覧を見ることができます。

 

歯周病は日本の成人の約8割がかかっているといわれている病気。もはや、国民の多くが罹患している疾病で、自身も罹患するリスクが高い国民病です。知覚過敏、口臭、歯ぐきからの出血などを伴い、歯を支えている顎の骨が溶けることで歯肉も同時に痩せて下がり、最終的にはグラグラして歯が抜け落ちます。

歯周病の影響はお口の中だけにとどまりません。歯周ポケットにたまった歯垢(プラーク)が炎症をひき起こし、歯周病菌や内毒素が毛細血管から体内に入ってサイトカインを産み出すと、動脈硬化が進行して、脳卒中や、狭心症心筋梗塞などのひきがねとなります。

また、歯周病菌から発生したサイトカインが血管、筋肉細胞、脂肪細胞に作用して糖の代謝を妨げると、糖尿病が悪化し、 主に歯周病菌が唾液にまじって喉から気管に入ると誤嚥性肺炎になります。 症状は自分の体だけにとどまらず、妊娠中に歯周病菌自身あるいはLPSが血液中に入り込むと、子宮の収縮を早めて早産の原因になるほか、胎児の成長を妨げて低体重児出産などにもつながる恐れがあります。

 

「毎日しっかり歯磨きをしているから大丈夫」と思う方も多いでしょうそれでも歯石、歯垢は日々、お口の中で増えているのです。

例えば、朝起きた時に、お口が臭く、ネバついていませんか?

原因は就寝中にお口の中で飽和状態にまで増殖した細菌です。

この細菌の正体は、日々、歯周ポケットや歯と歯の間に隠れている蓄積された歯垢。歯垢は細菌の塊で、2日で石灰化し、歯石になります。

歯垢1mg中には約10億個、300種類以上の細菌が含まれています。歯石は要塞となって細菌は増えるいっぽうで、唾液でも、歯磨きでも除去できなくなるのです。

このように日常でじゅうぶん気をつけているつもりでも、自分では歯みがきがしきれない部分に細菌は潜んでいます。

お口の中だけではとどまらず、全身を駆け巡る病気──。

歯周病はとても怖い病気です。

内毒素(LPS):Lipopolysaccaridseとサイトカインは同意語ではなく、炎症性サイトカインにはIL-1, IL-6, I L-8, TGF-β, PDGFなど生体に有利な防御反応として働くものもあるために、誤解を生みやすいかもしれません。

 

監修「日本大学歯学部同窓会学術委員会委員長 藤川 謙次」

ページ上部へ